はむの日常

その時々で思ったことを書く雑記ブログです。おススメのお店や本なども紹介しています。

【第五弾】駅の改札に入らないと食べることができないつけ麺屋さんに行ってきた。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

最近一日2食で生活しているせいか
胃袋が縮んでしまって
いっぱい食べれなくなってしまっています。

(ちょーどうでもいい)

そんなぼくがきのう食べたもの、それは

つけ麺

え、また?ていうね。笑

そうなんです、前にも紹介したんですが
以前つけめんTETSUというお店で食べてる。

でも今回はお店はそこではありません。

しかも!

ぼくの友達数人がそろっておいしいと
言っているお店です。

そんなの言われたら行くっきゃない。

すすめられた次の日に行ってきました。笑
 
 

そのお店がこちら!!

f:id:hamu_official:20170424033814j:plain


麺屋たけ井」です。

ぼくが行ったのが12時過ぎていうのもあってか
10人以上は並んでました。

時間的には15分くらい待ったかな。

え?体感的に?

体感的には30分くらい。

(聞いてない)

それでやっとお店に入ると、
中は全てカウンターのお店で
席数的には20席ほど。

そしてぼくが注文したのが小サイズのつけ麺。
 

f:id:hamu_official:20170424032822j:plain


基本メニューはつけ麺とラーメンの2種類で
そのほかにサイドメニューがあるって感じ。
 

f:id:hamu_official:20170424032918j:plain

 
メニュー表とかがないのでこちらでお許しください。

で、麺のサイズが選べるんやけど
麺のグラム数も表記してくれてるのは
一つの共通の目安になるから嬉しいポイント。

で、ぼくは胃袋が縮んでるので小。笑

頼んでから少なかったかなと心配したけど
食べてみると案外丁度いい。

麺がすごく太くて食べごたえがあるから
小サイズでも十分でした。

味は魚介系こってりなんやけど
そのなかでもあっさりめ

すこ~しゆずの皮が入ってたから
そのおかげで食べやすくなってました。

ぼく的にはもっとゆず入ってた方が好きですね。
 
なんせあっさりが好きだから(笑)
 
値段はぼくが食べたやつで830円です。
 
 

肝心の場所は?

これがすごいところにあるんですよ。

どこかっていうと、
阪急梅田駅の中央改札入ったところ

「阪急ユーザーしか無理じゃん!!」

って思ったそこのあなた。

安心してください、入れますよ。

(もう古い?笑)
 
というのも、友達が
阪急ユーザーではないので聞いてみたところ、

インフォメーションセンターが改札の近くにあって
そこの駅員さんに言えば入らしてくれるそうです!

ただ、
 
立地のクセがすごい。笑

そんなつけ麺たけいの紹介でした。
 
ちなみにですが、場所は梅田駅のほかに
京都に2店舗あるらしいので気になる方は
行きやすい方を選んで行ってみてください。
 
場所を知りたい方はコチラ
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 

 他のお店を知りたい方へ。

【ニッチ過ぎる】最強の集中、ゾーンに入る方法をあみだした!

どうもはむ(@866Yuta)です。

 

 急ですが大学生あるある。

 

”集中力劇的に落ちがち”

 

これすごくあるあるだと思うんですよね(笑)

 

僕もそのうちの一人で、すごく落ちました。

 

すきなことしてる時はもちろん集中できます。

 

ブログ書いてるときは

めちゃくちゃ集中できてますから。

 

ですが、テスト勉強など嫌なことほど

集中できないですよね。

 

それでも人それぞれ集中できるように

いろいろやっていると思います。

 

 

あなたはどんな方法で集中してますか?

「別に何もせずに集中できます」

という人もいれば、

 

「イヤホンで音楽聴いてないとゼッタイできない」

という人も。

 

また、

「うるさい場所はいやだから図書館が一番」

って人もいるだろうし

 

「んー静かすぎるのはNG」

ってひともいると思います。

 

みなさんそれぞれ集中の方法がありますよね。

 

ちなみにぼくは

 

・家だとグータラしてしまう

・静かすぎるのはダメ

 

というタイプなので、カフェなどでやってます。

 

で、ぼくはむかし音楽聴きながらでも

集中できてたんすけど

 

最近音楽にノっちゃって

全然集中できなかったんですよ。

 

かといって音楽なしでやってみると

集中できる時もあればできない時もあって。

 

そんなこんなで試行錯誤した結果.....

 

 

あみだしたのがこれだ!

これはあくまでぼくのように、

 

・静かすぎる場所はNG

・かといって音楽を聴くのは音楽に集中しちゅうからダメ

 

という人向けです。笑

そこはご了承ください。

 

で、そのあみだしたのが

 

音楽かけずにイヤホンだけ装着作戦

 

もうやってる人もいると思います(笑)

 

これすごいんですよ!

 

これ見つけたのは

イヤホンつけてから音楽かけるの忘れてて

 

いつのまにかすげー集中できてたていう

偶然の産物です(笑)

 

感覚的な話になるんですが

イヤホンつけるだけでも

音楽聴いてる時と近い状態になれるんですね。

 

それに加えて、イヤホンがかるい耳栓代わりに

なるんですよ(笑)

 

でも静かすぎず、周りの音が程よく聞こえる。

 

この3つの相乗効果で集中を超えた集中、

それをぼくは勝手に没頭と言ってますが、

 

黒子のバスケで言うなればゾーン

 

f:id:hamu_official:20170420030705j:plain

 

それになれてすごく集中できると。

 

 

最後に。

あくまでも全員にあてはまる方法ではありません。

 

ぼくと同じようなタイプにおすすめですが

その人でもできるかわからないですし、

 

もしかしたら全然タイプが違う人でも

この方法がハマるかもしれない。

 

まあ要するにやってみきゃわかんないてこと。

 

ただ、やってみる価値は十分あると思うので

 

「最近、集中力ねーわー」

 

て思ってるあなたは一度試してみてください。

 

周りの音なんて聞こえなくなるくらい

集中できるかもしれませんよ?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

合わせて読んでほしい

hamu-official.hatenablog.com

 

 

取り込んでばかりいると、しんどくなり、身動きがとれなくなる。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

あなたはいろんなモノ、考え方や価値観を

たくさん取り込んでいると思います。

 

それはそれでとても大切なことですが、

逆に”捨てる”ということをあなたはしていますか?

 

今のあなたにとって、また将来のことを考えて

いらないと思ったものを捨てれていますか?

 

「いつか必要になるかもしれない」

 

「一応残しておこう」

 

など、捨てれずにいたりしていませんか?

 

もし「そうだ」と共感できたあなたは

衝撃をうけるような本を紹介します。

 

 

ぼくもあなたと同じです。

紹介する前に。

 

あんなことを言いましたが、正直

ぼくもあなたと同じようにたくさんのものを

取り込んできました。

 

取り込みすぎて

パンクしてしまいそうになったり

 

(てかパンクしてるかも...)

 

いつのまにか自分の周りに

今まで取り込んできたものが

溢れかえっていたんです。

 

そうなると身動きがとれなくなっていました。

 

また、どれからやればいいか

分からなくなるんですよね。

 

あなたもそんなことになってしまってはいませんか?

 

 

やっと本について話します(笑)

そんなぼくにとって衝撃をうけた本がこちら。

 

f:id:hamu_official:20170419194253j:plain

四角大輔さんの

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

 

 取り込むことが大切だと思い、

それだけをやってきたと言ってもいい自分にとって

 

これはほんとに衝撃が走りました。

 

”捨てる”ということが大事だなんて

教わることないとおもうんですよね。

 

それにそんな簡単なことでもないですよね。

 

「いつか必要になるかも」なんて

思って残してきた人にとって不安でしかない。

 

でもいらないものは思い切って捨ててしまう。

 

そうすることでラクになり自由になれる。

 

この本から、ぼくは新しい価値観を知りました。

 

それから、ほんとに些細なことですが

思い切って家の使ってないもの、いつか使うかもと思って

残してきたものを全てではないですが捨ててみました。

 

まあとは言っても、大掃除みたいなものなので

捨ててスッキリしたと思えたのですが、

 

それと同時に「いらないものやったな」と

改めて感じました。

 

正直いつか使うかもと思って残してきたものは

9割9分いらないものなんですよね。

 

たま~~に使えるものもありますが、

その低い確率のために残すなら

捨ててしまって必要な時に手に入れるほうがいい。

 

捨ててよかったなと思えたし、すこーーし

ラクになった気もします。

 

これを考え方などでも

できるようにしていきます。

 

 

ただ、まだぼくには理解できない考えだったり

納得できない部分もこの本の中にはありました。

 

なのであなたも

すべて理解し納得できないかもしれません。

 

ですが「うわ、そうすればいいのか」

と新しい考えに出会え、今のあなたにとって

衝撃をうけるようなことが書かれています。

 

 

ちなみに....

この本は5章まであるんですけど

ぼくは3章と5章の部分が特に衝撃が大きかったです。

 

 

最後に、あなたは自由ですか?

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

こんな本もおすすめ。

hamu-official.hatenablog.com

 

本が苦手な人はこちらをぜひ読んでみてください。

hamu-official.hatenablog.com

 

hamu-official.hatenablog.com

 

【第四弾】日本人なら日本人らしく、だしを堪能できるランチに行こうや。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

きょう紹介するのはTHE・日本食。

 

あなたはそう聞いてなにを想像しますか?

 

寿司、天ぷら、生姜焼き定食、

関西らしくお好み焼き?

 

そのほかにもたっくさんある中で

 

ボクが今回食べたのは....

 

 

お茶漬けです!!

定番かどうかは怪しいですが、

一回はたべたことのあるもののはず。

 

でその中でも高級感を感じさせる、

「だし茶漬け」をご紹介します。

 

お店の名前は「だし蔵」です。

 

この日は朝ごはんを食べていなかったこともあり
すこぶる空腹だったので早めに行ってみると、

 

f:id:hamu_official:20170417122935j:plain

 

「え、閉まってる!?」

 

と、テンションが急降下しかけたのですが

開店時間をみると11時。

 

スマホで時間を確認すると10時50分。

 

 

早く気過ぎました(笑)

 

店の前で待っていましたが

恥ずかしかったです(笑)

 

ただ早く来たおかげで開店と同時に

入れたので一番のり!

 

店員さんからしたらびっくりですけど(笑)

 

そんな一番目の客のボクが

注文したのがこれ!

 

定番中の定番、梅だし茶漬けです。

頼んで1分ほどで出てきました(笑)

 

f:id:hamu_official:20170417123656j:plain

 

注文した時にご飯の量を

大・中・小で選べます。

ちなみに写真は大のものです。

 

量は大といってもそれほど

多くはないので女性でも食べれるかと。

 

そして肝心の味の方は、

 

美味!

 

だしがすごくおいしい。

 

だしだけ飲みたくなるほどやさしい味。

 

しかもそのだしがおかわりできるっていうから

もう最&高ですよね(笑)

 

そしておいしいのは茶漬けだけじゃないんですよ。

 

小鉢に入っている前菜もこれまた最&高。

 

おふくろの味なんていう歳ではありませんが、

ほんとに家で食べるような味で落ち着きます。

 

ボクが食べた梅以外にも

魚系の鯛やまぐろ、さけといくら、生たこ、

肉系の鶏や牛カルビ、少し高いウナギなど

種類は豊富。

 

値段は梅が一番安くて700円。

そのほかは780円から980円ほど。

 

高いものは1000円超えますが

ほとんどは1000以内なので財布にもやさしい。

 

この機会にぜひたべてみてください。

 

気に入れば、だしを買うこともできるので

 

おうちでもだし蔵のだし茶漬けを

楽しむことができます!

 

(なんという贅沢...)

 

 

ちなみに余談ですが...

ボクは今回で2回目なんですよ。

 

前回は牛カルビのだし茶漬けを食べました。

 

f:id:hamu_official:20170417125338j:plain

 

これはこれでおいしかったのですが

肉よりも梅干しや魚系の方がだしとの相性が

いいなと感じました。

 

そして気になるのが場所!

 

場所は阪急3番街で、以前紹介した

つけめんTETSU」の真向かいにあります。

 

阪急梅田駅のビッグマンからエスカレーターで

地下まで下りてまっすぐ歩くと見えてきます。

 

ほんとにおススメ!

 

 

最後に。

f:id:hamu_official:20170417132324j:plain

 

まとめると、

 

・だし茶漬けのお店

 

・種類は豊富

 

・値段は700~1000円ほど

(中には超えるものもあります)

 

・場所は阪急3番街

 

となっております。

 

行く際はくれぐれも

時間には注意してくださいね(笑)

 

では~!

 

食後に行きたいカフェ

hamu-official.hatenablog.com

 

明日のランチに

hamu-official.hatenablog.com

 

銭湯で決断した今日から使わないことばを発表します。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

昨日はTwitterでも言ったんですが、

 

 

地元の友達と銭湯に行ってきました。

f:id:hamu_official:20170418005452j:plain

 

久しぶりの銭湯ですごく気持ちよかったんですが

そこで僕はある決意をしました。

 

それは「がんばる」ということばを使わないこと。

 

 

その理由

まず、あなたががんばるを使う時って

どんな時ですか?

 

ボクは今の自分よりもステップアップする時、

成長しようとしてる時だと思います。

 

でもよく考えると、

「それってあたりまえちやう?」

って思ったんです。

 

だって、今の自分より成長するためには

今やってることの量や質を増やすだったり

何か新しいことをしなくちゃできないから。

 

あたりまえなことのはずなのに、

がんばるということばを使って

なんていうんかな、

 

そのまんま逆の言い方になるけど

あたりまえじゃない、すごいことみたいに

言ったりする。

 

ずっと違和感みたいなのは感じながら

便利なことばだったりするので

使ってしまっていましたが

 

もう嫌やなって思ってしまったんですよね。

 

*あくまでボクが使うということに対してです。

 

 

こんな話もあります

「頑張る」という言葉は、フランス語や英語、スペイン語ではぴったり当てはまる言葉が存在しない。仕方なく「ベストを尽くす」とか「努力をする」などと無理やり訳しているが、「頑張る」という概念は、良くも悪くも、日本独自の精神を表す言葉だと思う。 

フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

 

他の国では日本人が使っている「がんばる」の

意味をあらわすことばがないんです。

 

これは日本人が努力家であるという

人間性や文化があったりするからだとは思いますが、

 

僕はその「がんばる」ことが良いことだと

いう考えには50%納得で50%疑問。

 

さっきも言ったけど、

良いことだしするべきだけど

 

それは逆にしなくちゃいけないことで

当然だとも言えるから。

 

 

こんなこと言ってますが

21年間使ってきた便利な言葉は

なかなかぬけてくれないです。

 

少しずつ使わないようにしていきます。

 

あと、これはボク自身のことで

「周りも使うな!!」とかそういうことを

言ってるわけではないので。

 

 

以上、久々の銭湯で癒された。

 

話ではなく、ボクがただ

「がんばる」ということばを禁止する

というお話でした。笑

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

では~!

 

 

就活生には読んでほしい

hamu-official.hatenablog.com

 

【ご報告】こんな僕でも必要としてくれる人がいました。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

こないだ、僕を必要としてくれる人に

出会いました。

 

 

全くうまくいきませんでした。

みなさん、Time Ticketというサービスは

ご存知でしょうか?

 

知らない方は

【ご報告】コンサルタント(仮)になります! - はむろぐ

 

このサービスを使って僕もできることを

提供しようという目的で使っているのですが、

 

すぐに売れないとは思っていましたが

正直、全く売れなかったんですよね(笑)

 

そりゃそうですよね。

 

全然知らない人だし、

最低料金で提供しているものの

それでも値段のハードルは高い。

 

これで売れたら奇跡だなと

思っていました。

 

自分に集客力があれば

他でもっと安い値段でやりたいんですが

なんせまだまだ足りないものが多い。

 

なので今はTime Ticketという

プラットフォームを利用させて頂いています。

 

とは言いつつ、

そういうものは使わず自分で

やってたりするかもしれません。

 

その時はまたこの場でご報告します。

 

 

そんな僕に奇跡が起きました。

ついこないだ、一枚目のチケットが

売れたんです!!

 

すごく嬉しかったです。

 

f:id:hamu_official:20170415023921j:plain

 

(大げさすぎやろ)

 

ただ、それくらい嬉しかった(笑)

 

そしてこんなごくごく普通の大学生でも

必要としてくれる人がいたんだなと実感できました。

 

個人のこんな僕でもおカネを生み出すことができた

 

初めての経験です。

 

ただチケットの内容が

モデルになるということだったので

 

緊張してお相手の満足度は

低かったかもしれませんが(大反省)

 

これから、この奇跡を少しずつ

増やしていきます。

 

 

今回思ったこと

”売れる”に繋がるのはどこからかは分からない

 

ってことです。

 

今回モデルになるという仕事でしたが

その経緯はいうと、

 

僕がつくっていたチケットの中に

インスタのアカウントを載せていて

それを見て僕に依頼してくれたそう。

 

(アカウント載せてて良かったーー!)

 

どこのきっかけで”売れる”に繋がるなんて

正直わからないんですよね。

 

だからできること、やりたいことは

全てやっておくべきだなと改めて実感。

 

やりたいことも発信すれば

そのおかげで今回のように新しい出会いが生まれる。

 

ほんとに感謝です。

ありがとうございました。

 

みなさんも何か発信してみることを

おススメします。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

では!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

twitter.com

【第三弾】”古”と”新”が感じれる空間のカフェに行ってきました。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

今回はカフェの紹介です。

 

第二弾の記事はこちら。

hamu-official.hatenablog.com

 

就活生であれば、面接や説明会などの

合間によく行くと思います。

 

僕もそのせいか、最近

カフェ巡りにハマっています。笑

 

そんな僕が今回紹介したいのはここ!

 

 

古民家をイメージしたカフェ

f:id:hamu_official:20170413141836j:plain

 

名前は「Komin Cafe」です!

 

友達と「いつか行きたいなー」て

言ってた場所でずっと気になってたんですよね。

 

ただこの日は面接終わりで気まぐれなので

ぼっちで入店。

 

(寂しい......)

 

就活はぼっちになりがちなんですよね。

 

まあそれは置いといて。

入るとメニューがあります。

 

f:id:hamu_official:20170413143048j:plain

 

種類豊富でどれにしようか迷ってたんですけど、

カフェラテをよく飲むのでカフェラテにしようと

思ったんですけど、

 

「ちょい待てよ、これ何?」

 

f:id:hamu_official:20170413143723j:plain

 

「カフェラテでもない、カプチーノでもない

オセアニア独自のドリンク!?」

 

「フラットホワイト一つ!(即答)」

 

となったのでフラットホワイトを飲みました。

 

f:id:hamu_official:20170413144230j:plain

 

ラテアートなところも見た目から楽しめて

良いですね。

 

お味の方はどうなんですか?

正直、僕コーヒーのことはすごく無知だし

完全に好きかどうかだけになっちゃうんですけど

 

僕は好きでした!

 

甘くもなく、苦すぎでもないから

すごく飲みやすかったです。

 

あとびっくりしたのが

カップなみなみに入っていたこと!

 

持っていく時すごく慎重になりました(笑)

 

そして何よりも.....

 

 

空間が良き!

古民家をイメージしたカフェ

ということだけあって

 

どこか落ち着ける空間

 

f:id:hamu_official:20170413145222j:plain

 

なんだけど近代的な雰囲気も

感じられて同時に感じることのできない、

”古”と”新”が感じれる空間。

 

それに、本も少しだけですが

置いてあるんですよね。

 

f:id:hamu_official:20170413145409j:plain

 

独特なジャンルというか、

○○な人に!といったピンポイントに絞って

おススメの本を置いていたり、

変わった空間でもありました。

 

ちなみに...

 

本は自由に読めます(笑)

 

f:id:hamu_official:20170413145826j:plain

 

 

最後に

場所のことすっかり忘れてたので

ここでお話します(笑)

 

場所はグランフロント大阪の二階、

入口のすぐそこ!

 

なのでみなさん、一度は

通ってるかと思います。

 

ただ、20時という早い時間で

閉店してしまうので要注意。

 

 

気になる方はぜひ行ってみてください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

Twitterもやってるのでぜひ

フォローしてください!

twitter.com

本を読めるようになるための第一歩に大事な3つのこと

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

一昨日の記事では

本の紹介をしました。

 

hamu-official.hatenablog.com

 

今はこうして本を好きでいろいろ気になったものを

読んでいますが、

 

昔はというと、マジで嫌いだった。

 

活字見ると眠たくなるし

なんせ何が面白いのかわからなかった。

 

かといって漫画は漫画で読めば

頭が痛くなっていたので読んでいませんでした。

 

(ガチです)

 

ですがそんな僕でも

今では本に惚れてしまっています。

 

どうして読むようになったのかは

別の記事で話しているのでそちらを

読んで頂きたいと思います。

 

おそらく鼻で笑われるような理由だと思います。笑

 

hamu-official.hatenablog.com

 

そんなこんなで読むようになった僕ですが、

じゃあどのようにして本を読んでいるのか?

 

僕なりに、自分の中で大切にしてることがあるので

紹介しようと思います。

 

本が読める人間になりたいと思っている方、

いたら参考になるかと思います。

 

(ほんとにいるのかな。笑)

 

 

Point①自分のものじゃないと読めない

これは僕が心がけていたというか、

ここまでしないと読めないだろうなと思っていたこと。

 

それが、”借りるのではなく買う

 

がっつり自分を追い込む作戦です。

 

もともと本が嫌いなので

どうしても読書は課題や宿題にならない限り

優先順位は低くなります。

 

そして、図書館で借りてきた本は

絶対読みません。

 

なぜなら、自分のものじゃないからです。

 

借りている期間がありそれまでに

読めるだろと思う方もいるかもしれませんが

 正直、読まないです。笑

 

返すだけなので全然自分には

負荷はかかりません。

 

ですが、買うとなればどうでしょう?

 

せっかく働いて稼いだお金を本に使う。

 

「読まなきゃもったいない」

 

と思うはずです。

 こうして自分をあえて追い込む。

 

ですが、正直これは最初だけです。

 

本の楽しささえ感じることができれば、

借りた本でも大丈夫。

 

とは言うものの、僕は今でもすべて買っています。

 

なぜかというと、読めるようになっていくと

どんどん本棚に溜まっていくんですよね。

 

それが「こんだけ読んだんや~」

と達成感じゃないけどなんとも言えない

気持ちになるので。笑

 

読み返さなくても持ってるだけで価値はあります。

 

 

Point②小さな成功体験

読みたいと思えるもの、これなら読めそうと

思えるものを読む

 

これは当たり前だと言われますが大切なこと。

 

やっぱり読みたいもの、読めるものじゃなきゃ読めません。

 

最初から読めない本ばかり読んでも苦痛なだけ。

 

なんでもそうですが、小さな成功体験がまずは大事です。

 

読める本から手を出し、

「あ、自分読めるやん!」

と思えることが大事だということ。

 

 

でも問題なのが、

 

どうすればそんな本を見つけれるのか?

 

これは確かに大きな問題ですよね。

 

なのでこの点に関しては別の記事で

詳しく書いてるのでそちらを読んでください。

hamu-official.hatenablog.com

 

 

Point③冷めないうちに

ここでは自分のお金で、自分が読みたい本、

読める本を買った後気を付けるべきPointになります。

 

それが、”自分の熱が冷めないうちに読む

 

僕は一度あったのですが、

買った本を読む時間をつくれなくて

その本に対する熱が冷めてしまったことがありました。

 

結果的に読めておもしろかったのですが

それでも一度冷めてしまうと

熱を起こしなおすのはなかなか難しい。

 

ごはんもアツアツの方が美味しいですよね。

 

本も同じ。

 

冷めないうちに読むことが大切です。

 

 

最後に

f:id:hamu_official:20170410012020j:plain

 

以上の3つが本を読めるようになる

最初の第一歩に大切なことです。

 

もう一度整理しておくと、

 

・借りるのでは買うこと

 

・読みたい本だけを選ぶこと

 

・本に対する熱が冷めないうちに読む

 

この3つです。

 

参考にしてみてください。

 

ちなみに僕が紹介した本の記事が

まだ少ないですがありますので

気になる方は読んでみてくださいね。

読書録 カテゴリーの記事一覧 - はむろぐ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では!!

 

 

TwitterFacebookもやってるので

ぜひフォローしてください!

twitter.com

 

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008139010966

 

あなただけの一冊に出会えるための法則

どうも、はむです。

 

僕が書いた記事のなかで

hamu-official.hatenablog.com

 

といったのがあるのですが、

このなかのPoint②

 

”読みたいと思えるもの、これなら読めそうと
思えるものを読む”

 

ということをお話しました。

 

そこでどうすればそんな本を

見つけることができるかというお話です。

 

f:id:hamu_official:20170410005222j:plain

 

これはいたってシンプル。

 

・あなたが直感で読みたいと思ったもの

 

・表紙やタイトルで惹かれたもの

 

・帯や裏表紙の文章を読んで面白そうと思ったもの

 

この3点です。

 

 

あなたが直感で読みたいと思ったもの

僕が最初に手に取ったのが

夜のピクニック」という本です。

 

f:id:hamu_official:20170410004630j:plain

 

これは本屋で本棚を見てる時に

ただの直感で「うわ、なにこれ」となったのがきっかけ。

 

そこから、裏表紙の文章を読んだりして

買うことを決意。

 

結果、読んでみるとすごく面白かった。

 

直感というのは本当にすごいですよ(笑)

 

(ある意味恐ろしい)

 

 

表紙やタイトルで惹かれたもの

また、表紙やタイトルも直感に近い部分はありますが

 

やはりタイトルや表紙はすごく大事だと思います。

 

それらは本を見る時に

一番に目にするところ。

 

なのでそこが自分にとってあんまりだと

買っても読む気が失せてしまうかもしれません。

 

なので僕は大事にしています。

 

ちなみに、本当に大事にしてるので

今でも買った本の表紙を眺めて

 

「やっぱいいな~、また読もう」

 

なんて思えるんですよね。

 

それくらい表紙が好きなんです。

 

言い換えればそれだけ表紙やタイトルを

大事にしてるってこと。

 

 

帯や裏表紙の文章を読んで面白そうと思ったもの

 表紙やタイトルを見て、興味が湧いたら

次は帯や裏表紙の文章を読むことをおススメします。

 

それで「やっぱ違うかな」と気づくこともできるし、

 

より「読んでみたい!」と思えるから。

 

どっちにしろ読んだ方がいいかなと思いますね。

 

ちなみに、本屋の店員さんが書いた

感想やコメントがある本も

いい本ばかりなので最初は参考にしてみても

良いと思います。

 

 

最後に

これらの点から僕はいつも本を

選んでるので参考にしていただければと思います。

 

これであなただけの一冊に出会える。

 

僕もこれでたくさんの出会いをしてきたので。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では!!

 

TwitterFacebookもやってるので

ぜひフォローしてください!

twitter.com

 

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008139010966

それぞれが想う、「たった、それだけ」にどこか心地いい気持ちになる。

どうも、はむ(@866Yuta)です。

 

突然ですが、


あなたは一つの物事や言葉をいろんな視点から

見たり考えたりすることができますか?


「そうできる方がいい」なんて

よく言われると思いますが、


難しい、と思う方もいるのではないでしょうか?


僕もそうです。


そんな方には、考えれるようになるヒントになるかもしれない。


そんな本の紹介。

 


今回読んだのは...

f:id:hamu_official:20170408024011j:plain

 

いろんな人の視点から描かれた小説、

たった、それだけ」(宮下奈都さん)


その本を読んで感じたことなどを

書いていこうと思います。


先ほども話しましたが、ストーリーに対して

いろんな人の視点から描かれた作品です。


でその内容は一人の男が

会社の賄賂に関わったと容疑がかけられたというすごく重い内容でした。


その男に関わっている人たち、

会社の人、妻、姉などの視点で描かれています。


それぞれどこかしらで何か、

後悔や過去のトラウマなどを持った人たち。


そんな人たちが深刻なはずなのに


どこか前向きなんですよね。


んー前向きは正しくないかも。


とにかく、みんな前を向いてる。


だから重く深刻な内容のはずなのに

読んでいる僕はどこか心地いい感覚。


そんな不思議な感覚を感じながら

一話ずつ読み終えていきました。


タイトルにもある、


「たった、それだけ」


それぞれが一つの想いを願い、

望みながら前を向いている。


まさにタイトル通りだなと思いました。


僕にとっては

初めての感覚を味わいながら読めた本でしたね。

 

 

最後に

このほかにもいろんな人の視点の
トーリーがあるので
気になった方は読んでみてほしいなと思います。

 

 


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんな僕が大学生になるまで

本が嫌いだった話なんかもあるので

読んでみてください。 

hamu-official.hatenablog.com

 

他の本に関する記事はコチラ


では!