読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はむの日常

その時々で思ったことを書く雑記ブログです。おススメのお店や本なども紹介しています。

何をするにしてもホカホカが1番。

突然ですがみなさん、

 

ご飯を食べる時は

あったかい方がいいですよね?

 

f:id:hamu_official:20170307200155j:image

 

2日目のカレー以外は

できたてが1番美味しいですよね。

 

ここからいきなり話がとびますが、

 

できたてが一番!

 

てどんなことでも言えるなーて

思ったんです。

 

 

例えば、学校の授業での板書。

 

みなさん授業中に板書をノートに

書いていると思いますが、

 

それを家に帰ってから書け!

 

と言われたら、全部そのまんま書くのは

とてもじゃないけどできない。

 

人間誰しも忘れていきますからね。

 

 

また、就活などのセミナーでもそう。

 

その日教えてもらったことを

その日に試さないと

 

やる気がどんどん下がって

結局やらなかったり。

 

 

家でお母さんに、

「ゴミ捨ててきてー」

と言われ、

 

「後で行くー 」

と言ってからしばらくしたら

忘れてしまってたり。

 

 

こんなふうに、

なにごとも速い方が良いということです。

 

ご飯でも情報でも何でも、

 

ほかほかの状態で

それが冷めないうちにやってしまう。

 

その方が効率も良いし、

自分の経験として残りやすいですから。

 

 

というわけで、これを読んでくれた

そこのあなた!

 

ぜひ今日やったほうが良いこと、

1つでいいのでやってしまいましょう!

 

ではでは!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

梅田駅に行ったら、こんなものが…!

どうもです。

 

昨日たまたま梅田をぶらぶらしてたら、

 

ドォーーーン!!!

 

f:id:hamu_official:20170305203628j:image

 

と、おっきな広告がありました。笑

 

 イッテQの広告みたいで、

 

 出演してるみなさんの挑戦が

書いてありました。

 

f:id:hamu_official:20170306132742j:image

 

f:id:hamu_official:20170306132757j:image

 

その中に僕がリスペクトしてる出川さんも!

 

(その理由 が気になる方は下をクリック!)

↓↓

出川哲郎、本気でリスペクトしてます!

 

 

さてさて、

みなさんは"挑戦"してますか?

 

そもそも、"挑戦"て何だと思いますか?

 

僕は、

 

新しい一歩を踏み出すこと

 

だと思ってます。 

 

だから、写真の芸人さんの挑戦は

僕らからしたら、

すごく大きい挑戦なので

 

「そんなのねぇよ!」

 

て思っちゃうけど、挑戦なんて

大小はないと思います。

 

その人からすれば挑戦は挑戦。

 

たとえば、

 

毎日朝6時に起きることを

挑戦した人がいたとします。

 

それは今できる人からすれば

当たり前なので挑戦でもなんでもない。

 

逆に、朝6時に起きれる人が

プログラミングをできるようにする

という挑戦を掲げたとします。

 

でも毎日朝6時に起きるという

挑戦をしてる人は

 プログラミングというスキルを

すでに持っているかもしれない。

 

これはすごく極端な例ですけど、、

 

 

要はその人にとって、新しい一歩、

その一歩の大きさは関係なくて

 

踏み出すこと自体が挑戦だと

思っています。

 

とは言っても、その一歩目が

すごく重いんですよね......

 

そんでもって、人間は

今という居心地の良い環境に居続けたい

と思ってしまう生き物。

 

だから余計にその一歩目が重く、

そしてハードルの高いものになるんですよね。

 

それでも!!

 

僕は諦めず踏み出すことを

強くお勧めます。

 

なぜそんなに勧めるか?

 

それは僕自身の経験から言えます。

 

今も僕の中で大小問わず

挑戦をしてますが、

 

・新しい自分に出会える

 

・知らなかった世界を知れる

 

・新しいスキルが身につく

 

・新しい出会いがある

 

といったように、

一歩を踏み出した人にしか

味わえないことがたっくさんあります。

 

確かに、良くないことだってあります。

 

でも、それは一歩を踏み出したからこそ

分かったこと。

 

踏み出さないままだと、

 

「できるかもしれない」

 

のままで終わってしまう。

 

できるかどうかなんて

やらないと分からないのに。

 

それにやった後悔よりも

やらなかった後悔の方が

どんどん強くなっていくと思います。

 

それなら、一歩踏み出して

挑戦した方がいいと思いませんか?

 

 

今、踏み出すかどうか悩んでいる方、

ぜひ勇気を振り絞って前に一歩進んでほしい。

 

f:id:hamu_official:20170306213012j:plain

 

「挑戦しよう! 」

 

「その一歩であなたの人生は変わる!」

 

 

ではでは!

 

p.s.

あの写真撮るのすごく恥ずかしかったです。

 

これも僕にとっては、

人の目を気にせず写真を撮るという

"挑戦"だったわけですね。

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

 

"誰かのため"なら、エネルギーは無限大。

どうも、寝不足のはむです。

 

今回は当たり前のことやけど、

やっぱすげーと思ったので

そのことについて。

 

みなさん、友達や恋人、

バイトの先輩のために

 

プレゼントを買ったり、色紙を書いたり

アルバムを作ったことありますよね?

 

そういう時、自分のこと以上に

考えて、悩んだりして時間をかけて

買ったり自分でつくったりすると思います。

 

僕もそれで今寝不足なんですよね、、

 

最近はそういうことが自分の中で

多かったので強く思ったんですけど、

 

そういう誰かのために、

考えたり悩んだり、何か作業してる時って

 

すごく、力湧いてきません?

 

めちゃくちゃ頑張れると思うんですよ。

 

他のことしてる時も考えてたり、

寝る間を惜しんでつくったり。

 

自分でもびっくりするくらい。

 

それで、就活してるというのもあるせいか

 

そういう仕事がしたいなて思いました。

 

 

何かしら、自分が生み出したもので

1人でも多くの人を喜ばせたい

 

その人の人生が少しでも

よくなるようなことをしたい

 

 

そのためなら、

なんだってできると思います。

 

エネルギーはいくらでも湧いてきますから。

 

それに、

 

人生その方が絶対楽しい。

 

 

少しでも共感できた方は

そういう仕事に就けるように

一緒に頑張りましょう!

 

では!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

自分がやりたいことやその人の核の部分が何か?に対する答えは昔のことを思い出せば案外見つかる。

どうも、就活解禁なりましたね。

 

解禁になった今でも、

 

”自分のしたいことがわからない...”

 

f:id:hamu_official:20170304035210j:plain

 

と悩んでる人も多いと思います。

 

正直、

 

「そんなの決めれるわけないやん!」

 

て、言いたくなりますよね。

 

やりたいことが明確にある人もいます、

そりゃ。

 

でもそんなのほんの一部。

 

とかそんなことをうだうだ言っても

決めなきゃいけないのが現実なんすよね。

 

なんてこった、

パンナコッタですよほんとに。

 

(はい、すいません、全力で謝ります)

 

 

僕が今回伝えたいこと

そんな現実に向き合う方法の一つを

今回は話したいなと思います。

 

タイトルにも書いたんですが、

その方法は

 

あなたの子供時代を思い出す

 

f:id:hamu_official:20170304035556j:plain

 

中学や高校時代でもいいと思いますが、

できるだけ昔のことを思い出してください。

 

幼稚園、保育園の時とか。

 

それくらい昔。

 

もし高校時代とかで考えるなら、思い出して

それがもっと小さい時期でも

共通するか考えた方が良いと思います。

 

 

なんでこれを僕が話すか?

それは最近それで自分のことを

再確認というか気づくことができたから。

 

僕の場合、ざっくり言うと、

「人との関わり」です。

 

昔から、人と関わるのが大好きでした。

友達だけでなく、おじいちゃんや

おばあちゃんのような人たちとも。

 

当たり前かもしれませんけど。

 

でも、ほんとに好きで、

よく親から聞いていたのは

知らない人にでも話しかけていたとか。

 

それに人のために何かやることも

惜しまない。

 

自分のことよりも優先してやるほどです。

 

「それはそれでだめだ」

なんて言われるかもしれませんが

僕はそういう人間なんですよね。

 

で、最近インターンに何回か行ったんですが

興味のあるところに行くて感じで選んでいたら、

 

参加した3社のうち2社が人材サービス、

もう一つがコンサルティング

 

会社で仕事する以上人との関わりは

絶対あって重要なものですが、

 

特に重要視されるような

ところなんじゃないかと。

 

インターンに限らず、

説明会とかを聴いていても

惹かれるところはいつもきまって

「人と接する」というところ。

 

そこからやっぱり

自分は軸というか核のような部分は

昔と変わっていないんやなと思いました。

 

なのでやりたいことがまだ明確でない方、

 

昔のあなたを思い出してみてください。

 

あなたのことをよく知る親に聞いてみるのも

良いですよね。

 

そうすればきっと

何か見えてくるはずです。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

ではでは!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

飽きっぽい性格はダメなことだとずっと思ってました。

どうも、飽き性のはむです。

 

みなさんは飽き性ですか?

 

f:id:hamu_official:20170303150827j:plain

 

僕はとても飽きっぽい性格です。

 

熱しやすく冷めやすい。

 

だから、一時すごいどっぷり浸かるんですけど、

ある日突然興味がなくなります。

 

例えば、アプリなどのゲームなんか特にそうで、

最初は寝る間も惜しむくらいどっぷりハマります。

 

でも、突然興味が失せてしまい、やらなくなる。

 

なんてことを何回も繰り返してきました。

 

僕はずっとこれは自分のダメなところだと

思ってました。

 

でも、ダメではあるかもしれないけど

それはそれで良いこともある

分かりました。

 

短所=長所??

 

それに気づかせてくれたというか

教えてくれたのが、

 

堀江貴文さんの「ゼロ」という本です。

 

f:id:hamu_official:20170303151936j:image

 

 本の中で、堀江さんは

 

「自分の本業なんて決める必要はない」

 

「自分を一つの枠に押し込まなくてもいい」

 

と言っています。

 

今の僕にはこの言葉はすごく響きました。

 

なぜなら、僕はあれもしたいこれもしたいと

なってしまうタイプで、

 

それらをしながら

「こんなどっちつかずのままでいいのだろうか」

と悩みながらやるせいで

 

”結局どれもうまくいかない”

 

ということが多かったんです。

 

でも堀江さんの言葉から

 

「どれも”自分”やから

自分がやりたいと思うことは全てやっていいんや」

 

と、思えました。

 

これを読んでいる方の中で

僕と同じ飽き性なところがあるなら、

 

これを機に自信をもってほしいと

思います。

 

いろんな自分がいていいんです。

 

全ては自分ですから。

 

f:id:hamu_official:20170303152732j:plain

 

 これを読んで気になる方は

下にAmazonのリンク貼っておくので

購入をおススメします。

 

 

また、これはこの本の一部分なので

全体の感想はまた書きます。

 

それでは今回はこの辺で!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

【読書録】「君の膵臓をたべたい」

どうも、はむです。

 

今年の7月に映画が公開されることになった

ベストセラー小説。

 

君の膵臓をたべたい

 

 f:id:hamu_official:20170301130119j:image

 

これ僕一昨年の9月に読んでて、

すごくいい本でしたけど

映画化はびっくり。

 

「本選ぶ才能あるわー」

なんて思ったり。

 

まあ僕が買う時には

すでに12万部売れてたんですけど、、、

(才能でもなんでもないやないかい)

 

 

でも、これは本当に良かったです。

 

タイトルだけ見ると、

 

「え、ぐろい系??」

 

とか、

 

「なんかこわいな」

 

なんて思っちゃう人もいるかと。

 

タイトルだけだとそうだけど

表紙からも伝わるように

すごくきれいな話でした。

 

それに読めば、

タイトルの意味も

 

「なるほど、そういうことか」

 

ってなります。

 

内容はあまり言いませんが、

儚、切ない、けど透き通るような

れいな話で。

 

人が偶然の出会いから、

180度変わっていくところとか。

 

今はもう味わえない学生の青春だったり。

 

最後の怒涛の展開なんかも。

 

みどころはたっくさんあります。

 

映画観る前に原作読みたいと

思ってる方、

 

この本を読もうか迷ってる方も、

 

僕は全力でおススメします。

 

ぜひ一度読んでほしいなと思います。

 

Amazonリンク載せておくので

買いたい方は下から購入できます。

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました!

 

ではでは!

出川哲郎、本気でリスペクトしてます!

どうも~はむです。

 

昨日のブログでは

ゴルゴ松本さんがかっこいい!ていう

話をしました。

 

今日も芸人さん!

 

タイトルにも書いていますが、

出川哲郎さんです。

 

リアルガチでリスペクトしてるんですよね。

 

「え、なんで?」

 

と思った方多いのではないでしょうか?

 

まあいつもいじられてるしね。

 

でも、尊敬できるとこが

あるんすよ。

 

それは、、

 

「行動力」です!

 

みなさん、イッテQ観たことありますよね。

 

その中の企画で、出川さんの

はじめてのおつかいという企画。

 

これは海外で出川さんが

自分なりの英語で話しかけて

目的地まで行くというもの。

 

英語を少しでも勉強してる人であれば、

単語も文法もむちゃくちゃなのは

一目瞭然。

 

それでも現地の人に理解してもらって

 

教えてもらってちゃんと目的地に

到着できてること。

 

これってすごくないすか?

 

そんでもって、テレビとはいえ、

自分の持ってるすべてを使って

口と身振りで全力で表現する。

 

なかなか伝わらなくても諦めない。

 

情報を得るまでいろんな人に聞く。

 

僕は、

 

「自分じゃあそこまでできないな」

 

と思っちゃうんすよね。

 

だから、すごく尊敬してます。

 

それにおもろいしね、リアルガチで(笑)

 

それでは今日はこの辺で~。

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

ゴルゴ松本みたいな先生がたくさんいたらいいのにな。

命!!!

 

どうも、はむです。

 

間違いなくスベリましたね~

 

これで一世を風靡したしたゴルゴ松本

やっぱすげーな。

 

ところで!(無理やり感は気にしないで)

 

みなさん、この「命!!!」で

有名なゴルゴ松本さん知ってますよね?

 

あの人って、すっっっっごく

かっこいいんすよね。

 

その証拠がこれ。

 

youtu.be

 

Twitterでもながれてたりするから

知ってる人も多いかなと。

 

その中でも僕がうわーて思ったのが、

誰もが持つ「夢」を実現できるようになる話。

 

誰しも生きていく中で、

何かしらを口にする。

 

プラス(+)なこともマイナス(ー)なことも

口にする。

 

これは「吐く」という字になる。

 

良かったこと、嬉しかったことや

愚痴や弱音もなんでも口にするという意味

 

でも愚痴や弱音、マイナス(ー)なことを

吐かなくなると、、、

 

叶う

 

という字になる。

 

愚痴や弱音のようなマイナスなことを

言わない人が夢を叶える人だということ。

 

僕はこれを聞いて、

「確かに」と思った。

 

夢を本気で叶えようとする人は

みんな前しか向いてないから。

 

どんなことがあっても

乗り越えようとするし、

 

失敗しても諦めないだろうしね。

 

これを聞いて

マイナスなことは言わないって決めても

なかなかできない。

 

やから夢を叶える人は

ほんの少しなんかも。

 

 

こんな感じで他にも

すっごくためになることを話してるから

一回観てほしい。

 

あと僕が欲しいものを

ゴルゴ松本さんが持ってて

めっちゃ羨ましい。

 

彼みたいな先生がいっぱいいたら、

 

今よりももっともっと

目がキラキラしてる子供が

増えるんちゃうかなて思いました。

 

今日はこの辺で。では!

 

ランチで行った「やまや」ていうお店に関する謎。

どうも~はむです!

 

みなさん、やまやっていう店知ってます?

 

僕は知らなくて

ついこないだ初めて行きました。

 

ランチで行ったので

ランチのことしかわからんけど、

 

豚の生姜焼き定食とかメンチカツ定食など

4種類くらいの定食から選べる。

 

これだけ聞いたら普通なんやけど、

 

なんと!!

 

ごはん・高菜・明太子が食べ放題!!

 

贅沢ですよね~

 

なんでも明太子が有名なお店らしいです。

 

高菜も有名なんかな?

 

しかもおどろくことなかれ!

 

これで値段が1000円!

 

1000+税じゃなくて税込み!笑

 

太っ腹ですね(笑)

 

と、まあとても満足なランチを

いただいたわけですが......

 

お店を見ていてふと疑問が湧きました。

 

なんとですね、

 

店員が全員女性やったんすよ。

 

僕は考えました。

 

「たまたま今日は全員女性やったとか?」

 

これはあり得ますよね。

でも偶然すぎる...

 

他にあるとすれば、

 

「女性の方が人当たりがいい、みたいな?」

 

んーそれなら、厨房まで女性にする必要はない。

 

と考えていると、一緒に来ていた友達がふと、

 

女性の方が昔ながらの定食屋というか、

給食のおばちゃんとかをイメージしてるんちゃう?

 

と言ったんです。

 

「天才かよ」

 

と思いました。

(それは言い過ぎ)

 

でもすーっと入ってきて

めちゃくちゃ納得できました。

 

確かに、接客してる人は比較的若めで、

 

厨房にいる人は僕らからしたら

お母さんくらいの女性やったんです。

(これはあくまでも僕のイメージです)

 

ただ、それがホントなのかは分かりません。

 

聞くの忘れちゃって(笑)

 

誰か知ってる人いたら教えてください。

 

ちなみに、

みなさんはどう思います?

 

今日はこの辺で!

 

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

普通の大学生である僕がブログなんてものを書くようになった理由。

初めまして、葉室裕太と申します!

 

f:id:hamu_official:20170225235547j:image

(魚は気にしないでください) 

 

もう何本かブログを書いてるのに初めて

 自己紹介するという順番が無茶苦茶ですが

気にせずいきます(笑)

  

で、周りからは"はむ"と呼ばれているので

これ以降ブログでははむでいきます。笑

 

 

僕は普通の大学生です。

 

服が大好きていうくらいかな、でも

服が好きな人なんていっぱいいるしな。

 

まあそんな僕がなぜブログを始めたのか?

 

「お金を稼ぐためでしょ。」

 

ていう声が聞こえてきそうな…

 

思ってなかったらごめんなさい。

 

思っていればそれは残念ながらハズレ。

 

(稼げたらめちゃくちゃ嬉しいけど)

 

「どっちやね~ん」

 

ていうめんどいノリはほっといて、

 

とにかく!そういう理由で始めたんじゃない

てことだけ言っておきます。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!

 

気を取り直して......

今度こそ、ブログを書くことになった

経緯についてしっかり話していきます。

 

僕は去年の10月頃から日記を始めました。

 

それはただ

 

何か継続できるものをしたい!

 

というので日記ならできそうという

単純な理由。

 

そこから、続けていくうちに

日記はただ日々を綴るものではなく、

 

その日思ったこと、考えなどを

書くようになっていきました。

 

いわば、

自分の成長過程を残していくイメージ。

 

そんな感じで日記の目的が

変わっていったある日、

 

ある人から

「日記はクローズドなものやから

もったいない。やるならオープンにして

発信していくべき。」

 

という助言をうけ、

ブログを書くことにしました。

 

だから、僕の中では

日記の延長線上のような感じ。

 

ただ日記と違うのは、不特定多数の人に

自分の考えなんかを発信できるところ。

 

これによってどうなるか?は

またの機会にでも話そうかなと思います。

 

最後に。

以上がブログを書くことになった経緯です。

 

見ての通り、しょーーーもない理由です(笑)

 

ですが、僕なりの考えであったり、疑問、

気づき、などなど

 

いろいろ書いていこうと思ってます。

 

ほんとに日記です。

ただ、日記でも何かしら意味のあるものにしていきます。

 

なので、暇つぶしにでも

読んで頂ければ嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

ではでは!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com