はむ流のファッションブログ

その時々で思ったことを書く雑記ブログです。おススメのお店や本なども紹介しています。

自分がやりたいことやその人の核の部分が何か?に対する答えは昔のことを思い出せば案外見つかる。

どうも、就活解禁なりましたね。

 

解禁になった今でも、

 

”自分のしたいことがわからない...”

 

f:id:hamu_official:20170304035210j:plain

 

と悩んでる人も多いと思います。

 

正直、

 

「そんなの決めれるわけないやん!」

 

て、言いたくなりますよね。

 

やりたいことが明確にある人もいます、

そりゃ。

 

でもそんなのほんの一部。

 

とかそんなことをうだうだ言っても

決めなきゃいけないのが現実なんすよね。

 

なんてこった、

パンナコッタですよほんとに。

 

(はい、すいません、全力で謝ります)

 

 

僕が今回伝えたいこと

そんな現実に向き合う方法の一つを

今回は話したいなと思います。

 

タイトルにも書いたんですが、

その方法は

 

あなたの子供時代を思い出す

 

f:id:hamu_official:20170304035556j:plain

 

中学や高校時代でもいいと思いますが、

できるだけ昔のことを思い出してください。

 

幼稚園、保育園の時とか。

 

それくらい昔。

 

もし高校時代とかで考えるなら、思い出して

それがもっと小さい時期でも

共通するか考えた方が良いと思います。

 

 

なんでこれを僕が話すか?

それは最近それで自分のことを

再確認というか気づくことができたから。

 

僕の場合、ざっくり言うと、

「人との関わり」です。

 

昔から、人と関わるのが大好きでした。

友達だけでなく、おじいちゃんや

おばあちゃんのような人たちとも。

 

当たり前かもしれませんけど。

 

でも、ほんとに好きで、

よく親から聞いていたのは

知らない人にでも話しかけていたとか。

 

それに人のために何かやることも

惜しまない。

 

自分のことよりも優先してやるほどです。

 

「それはそれでだめだ」

なんて言われるかもしれませんが

僕はそういう人間なんですよね。

 

で、最近インターンに何回か行ったんですが

興味のあるところに行くて感じで選んでいたら、

 

参加した3社のうち2社が人材サービス、

もう一つがコンサルティング

 

会社で仕事する以上人との関わりは

絶対あって重要なものですが、

 

特に重要視されるような

ところなんじゃないかと。

 

インターンに限らず、

説明会とかを聴いていても

惹かれるところはいつもきまって

「人と接する」というところ。

 

そこからやっぱり

自分は軸というか核のような部分は

昔と変わっていないんやなと思いました。

 

なのでやりたいことがまだ明確でない方、

 

昔のあなたを思い出してみてください。

 

あなたのことをよく知る親に聞いてみるのも

良いですよね。

 

そうすればきっと

何か見えてくるはずです。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

ではでは!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

【読書録】「君の膵臓をたべたい」

どうも、はむです。

 

今年の7月に映画が公開されることになった

ベストセラー小説。

 

君の膵臓をたべたい

 

 f:id:hamu_official:20170301130119j:image

 

これ僕一昨年の9月に読んでて、

すごくいい本でしたけど

映画化はびっくり。

 

「本選ぶ才能あるわー」

なんて思ったり。

 

まあ僕が買う時には

すでに12万部売れてたんですけど、、、

(才能でもなんでもないやないかい)

 

 

でも、これは本当に良かったです。

 

タイトルだけ見ると、

 

「え、ぐろい系??」

 

とか、

 

「なんかこわいな」

 

なんて思っちゃう人もいるかと。

 

タイトルだけだとそうだけど

表紙からも伝わるように

すごくきれいな話でした。

 

それに読めば、

タイトルの意味も

 

「なるほど、そういうことか」

 

ってなります。

 

内容はあまり言いませんが、

儚、切ない、けど透き通るような

れいな話で。

 

人が偶然の出会いから、

180度変わっていくところとか。

 

今はもう味わえない学生の青春だったり。

 

最後の怒涛の展開なんかも。

 

みどころはたっくさんあります。

 

映画観る前に原作読みたいと

思ってる方、

 

この本を読もうか迷ってる方も、

 

僕は全力でおススメします。

 

ぜひ一度読んでほしいなと思います。

 

Amazonリンク載せておくので

買いたい方は下から購入できます。

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました!

 

ではでは!

出川哲郎、本気でリスペクトしてます!

どうも~はむです。

 

昨日のブログでは

ゴルゴ松本さんがかっこいい!ていう

話をしました。

 

今日も芸人さん!

 

タイトルにも書いていますが、

出川哲郎さんです。

 

リアルガチでリスペクトしてるんですよね。

 

「え、なんで?」

 

と思った方多いのではないでしょうか?

 

まあいつもいじられてるしね。

 

でも、尊敬できるとこが

あるんすよ。

 

それは、、

 

「行動力」です!

 

みなさん、イッテQ観たことありますよね。

 

その中の企画で、出川さんの

はじめてのおつかいという企画。

 

これは海外で出川さんが

自分なりの英語で話しかけて

目的地まで行くというもの。

 

英語を少しでも勉強してる人であれば、

単語も文法もむちゃくちゃなのは

一目瞭然。

 

それでも現地の人に理解してもらって

 

教えてもらってちゃんと目的地に

到着できてること。

 

これってすごくないすか?

 

そんでもって、テレビとはいえ、

自分の持ってるすべてを使って

口と身振りで全力で表現する。

 

なかなか伝わらなくても諦めない。

 

情報を得るまでいろんな人に聞く。

 

僕は、

 

「自分じゃあそこまでできないな」

 

と思っちゃうんすよね。

 

だから、すごく尊敬してます。

 

それにおもろいしね、リアルガチで(笑)

 

それでは今日はこの辺で~。

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

ゴルゴ松本みたいな先生がたくさんいたらいいのにな。

命!!!

 

どうも、はむです。

 

間違いなくスベリましたね~

 

これで一世を風靡したしたゴルゴ松本

やっぱすげーな。

 

ところで!(無理やり感は気にしないで)

 

みなさん、この「命!!!」で

有名なゴルゴ松本さん知ってますよね?

 

あの人って、すっっっっごく

かっこいいんすよね。

 

その証拠がこれ。

 

youtu.be

 

Twitterでもながれてたりするから

知ってる人も多いかなと。

 

その中でも僕がうわーて思ったのが、

誰もが持つ「夢」を実現できるようになる話。

 

誰しも生きていく中で、

何かしらを口にする。

 

プラス(+)なこともマイナス(ー)なことも

口にする。

 

これは「吐く」という字になる。

 

良かったこと、嬉しかったことや

愚痴や弱音もなんでも口にするという意味

 

でも愚痴や弱音、マイナス(ー)なことを

吐かなくなると、、、

 

叶う

 

という字になる。

 

愚痴や弱音のようなマイナスなことを

言わない人が夢を叶える人だということ。

 

僕はこれを聞いて、

「確かに」と思った。

 

夢を本気で叶えようとする人は

みんな前しか向いてないから。

 

どんなことがあっても

乗り越えようとするし、

 

失敗しても諦めないだろうしね。

 

これを聞いて

マイナスなことは言わないって決めても

なかなかできない。

 

やから夢を叶える人は

ほんの少しなんかも。

 

 

こんな感じで他にも

すっごくためになることを話してるから

一回観てほしい。

 

あと僕が欲しいものを

ゴルゴ松本さんが持ってて

めっちゃ羨ましい。

 

彼みたいな先生がいっぱいいたら、

 

今よりももっともっと

目がキラキラしてる子供が

増えるんちゃうかなて思いました。

 

今日はこの辺で。では!

 

普通の大学生である僕がブログなんてものを書くようになった理由。

初めまして、葉室裕太と申します!

 

f:id:hamu_official:20170225235547j:image

(魚は気にしないでください) 

 

もう何本かブログを書いてるのに初めて

 自己紹介するという順番が無茶苦茶ですが

気にせずいきます(笑)

  

で、周りからは"はむ"と呼ばれているので

これ以降ブログでははむでいきます。笑

 

 

僕は普通の大学生です。

 

服が大好きていうくらいかな、でも

服が好きな人なんていっぱいいるしな。

 

まあそんな僕がなぜブログを始めたのか?

 

「お金を稼ぐためでしょ。」

 

ていう声が聞こえてきそうな…

 

思ってなかったらごめんなさい。

 

思っていればそれは残念ながらハズレ。

 

(稼げたらめちゃくちゃ嬉しいけど)

 

「どっちやね~ん」

 

ていうめんどいノリはほっといて、

 

とにかく!そういう理由で始めたんじゃない

てことだけ言っておきます。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!

 

気を取り直して......

今度こそ、ブログを書くことになった

経緯についてしっかり話していきます。

 

僕は去年の10月頃から日記を始めました。

 

それはただ

 

何か継続できるものをしたい!

 

というので日記ならできそうという

単純な理由。

 

そこから、続けていくうちに

日記はただ日々を綴るものではなく、

 

その日思ったこと、考えなどを

書くようになっていきました。

 

いわば、

自分の成長過程を残していくイメージ。

 

そんな感じで日記の目的が

変わっていったある日、

 

ある人から

「日記はクローズドなものやから

もったいない。やるならオープンにして

発信していくべき。」

 

という助言をうけ、

ブログを書くことにしました。

 

だから、僕の中では

日記の延長線上のような感じ。

 

ただ日記と違うのは、不特定多数の人に

自分の考えなんかを発信できるところ。

 

これによってどうなるか?は

またの機会にでも話そうかなと思います。

 

最後に。

以上がブログを書くことになった経緯です。

 

見ての通り、しょーーーもない理由です(笑)

 

ですが、僕なりの考えであったり、疑問、

気づき、などなど

 

いろいろ書いていこうと思ってます。

 

ほんとに日記です。

ただ、日記でも何かしら意味のあるものにしていきます。

 

なので、暇つぶしにでも

読んで頂ければ嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

ではでは!

 

Twitterもやってるので

ぜひフォローしてください!

アカウント↓↓↓

twitter.com

「自分」を見失ってはいけないと思う。

最近、やっと「自分」というものを少しずつもててきて

やりたいことだったり夢だったりを

見つけれるようになってきた。

 

でも、多くの人は「自分」というものを

見失いがち。

 

というよりもっていない。

 

もっと厳密に言うと、

「自分」というのを消してしまっている

 

特に僕の年齢で言えば就活。

 

面接などでその会社求める人物像になりすまして

面接官にアピールをする。

 

僕はそれに対して、

「なんの意味があるん?」思う。

 

「自分」を出さんと。

自分らしさを見せんと。

 

「自分」を隠して

会社が求める人物になりすましても、

 

確かに内定はもらえるかもしれんけど

しんどなって結局辞める。

 

それやったら最初から

自分らしさ出して、

 

それを見て採用してくれた会社に行く方が

よっぽどええんちゃうかなって。

 

だって会社入っても

自分らしくおれるんやから。

 

やから、僕は最後まで

「自分」を見失わず、

 

自分らしさを出して就活はしていきたいな。

 

就活だけの話じゃないけど。

「やる」ということにとてつもなく価値がある。

僕の中で、2017年の目標の一つに

行動する」というのがある。

 

すごくアバウトやけど、

要は、新しいことだったり、

 

自分が「やろう」と決めたことを

思うだけじゃなくて行動に移すていう意味。

 

あなたも「やろう」て思って

結局やってないなんて経験ありますよね?

 

それってすっごくもったいないすよね。

 

やってみたら、分かること、学べることが

たくさんあるから。

 

逆に、そういうことってやってないと

分からんてこと。

 

もしかすると、やったら楽しいとか、

新しい出会いがあったりとかするかもしれない。

 

「やってよかった」って思える。

 

もしかすると、うまくいかんかったり 

するかもしれん。

 

でもそれは「自分には向いてない」と

ということが分かる。

 

つまり、どっちにしろ、やった方が

得にしかならんやん。

 

それやったら行動するしかないやん?

 

f:id:hamu_official:20170222023550j:plain

 

だから、今何かに対して、

やるかやらないかで悩んでる人、

ぜひ「やる」ていう選択をお勧めします。

本はただの読み物じゃない。

f:id:hamu_official:20170222022807j:plain

 

僕は大学に入るまで本を読むこと

 

もっと言っちゃうと

字を読むことがすごく苦手というか嫌いで、

すぐに眠たくなってた。


だから、ずーっと

本なんて読んでこなかったんです。

(親には「読め読め」と散々言われていたけど)


でも、大学に入ってからある時、

高校時代の友人が

Twitterで読んだ本の写真を投稿していて、

その時僕が思ったのは、


なんかかっこいいな


だったんです。


電車で本読んでる人って
なんかかっこよく見えたり、


まじめな人に見えたり、


とにかく良い人オーラが

溢れ出ているんですよね。

(あくまで僕の感覚です)


「なんかかっこいいな」と思った僕は

早速本屋へ。


小説なら読みやすいだろうと思い

コーナーに行って、完全にジャケ買い


これがほぼ人生初の読書。


それから僕は読書の良さを知り、

小説だけじゃなく、自己啓発本だったり、

マーケティング関連のビジネス本を

読むようになりました。


我ながらすごい成長。


で、何冊か読んでいて、

ビジネス本などに限りますが、

僕にとっての本の役割が変わったんですよね。


最初は、興味本位で

読んでいたんですけど、

今では完全にツールになっています。


これって

めちゃくちゃ当たり前なことなんですけど。


でも、これは僕の偏見かもしれませんが、

本を完全にツールとして使えていない人って

結構いると思うんです。


というのも、ただ読んで、

その時だけモチベーション上がって

寝たらいつもと変わらないまま何気なく

過ごしてしまっているんじゃないかなと


むちゃくちゃもったいないですよね。


せっかく時間を費やしてインプットしたのに

アウトプットしないのは。


アウトプットしないと

インプットしたものは自分のものに

なんか100%ならないから。


それですぐに変わるとかは

分からないけど、

とりあえず検証することで

見えてくることもあるし。


言い切れるのは、
何も試さず、アウトプットしないよりは
前に進んでいて今とは違う景色が見れる可能性があるということ。


長々と書いてきたけど、言いたいのは
本はみんなが思っているより使えるツールだということ。