読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はむろぐ

その時々で思ったことを書く雑記ブログです。おススメのお店や本なども紹介しています。

【就活生必見】会社選びでネットの情報はあてにならない!?

就活生必見

どうもです!

 

最近、就活していて

気づいたことがあります。

 

就活生なら誰しもが見たことのある、

就活情報サイト。

 

その中でも、元社員などからの

 

・社内の雰囲気

 

・仕事のハードさ

 

などなど

 

リアルな声といった感じで

載せられてたりしますよね?

 

それを見て、僕らは

 

「あ、この会社はブラックか」

 

とか

 

「ここは福利厚生あってないような

もんらしいで」

 

とか、様々な、どちらかというと

マイナスな情報が印象強くなってしまって

 

会社を選択肢から外したりする人も

多いと思います。

 

僕も少なからずそんな情報を

聞いてそんなイメージを

持ってしまったりしていました。

 

それを信じていいのか?? 

ですが、 

最近考え方が変わりました。

 

それは

 

一概にネットの情報が正しいとは限らない

 

ということ。

 

当たり前なことですけど

大事なことだなと思いました。

 

というのも、

ネットでマイナスな情報を書いた

元社員さんなどは

 

その会社で、

仕事に本気になれなかった人

 

または、

 

その仕事に本気になろうとする

意欲がない人

 

なんじゃないかなと。

 

まだ学生の身でそんなこと

言っても、

 

「おまえに何が分かる!」

 

となってしますが...

 

同じ会社でも

辞める人もいれば

働いてる人もいます。

 

ということは会社に働きがいを

持った人もいるってこと。

 

これは以前にも書いた記事の、

就活は自分らしさを見せようという

話にもなるんやけど。

 

話を戻して、

 

その人がいつ働いていたか?

 

ということも関係してくる。

 

例えば、ベンチャー企業

 

その人が働いていた時期が

スタートアップとかなら、

 

そりゃ残業も多いし

休みなしで毎日働いていたかもしれない。

 

でも今はその時よりも

安定してるなら休みもあるでしょう。

 

といったように

時期によって会社の状況は

変わるということ。

 

僕らはネットの情報を

信じるならそうことまで考える必要がある。

 

また、仕事って”しんどいもの

だと思うんですよね。

 

ある会社の人事の方は

こうおっしゃっていました。

 

「仕事はしんどいけど

めちゃくちゃおもろい!」

 

と、本気で言っていたんですよ。

 

やから、しんどいなかでも

それに本気に取り組めるかどうか?

が大事てこと。

 

 

例えば、学生時代の部活。

 

してた人ならイメージしやすいと

思いますが、

 

すごくしんどくなかったですか?

 

でも、それでも続けれた。

 

なんでか?

 

本気で取り組んで、

そのなかで楽しいと思えたり

 

何か目標があったりと。

 

いろんな要因があったからだと

思います。

 

そして部活を辞めてからも

その経験て、濃く自分の中で

印象に残ってると思います。

 

「その時が一番充実してたなー」

 

と思ったり、

 

「もう一度戻りたい」

 

とあんなにしんどかったのに

そう思うのは、

 

本気で取り組んだからこそ感じれる楽しさ

 

があったからではないですか?

 

仕事もそんな部活のように

取り組めるどうかが重要。

 

要は、その会社であなたが

 

本気になれるどうか?

 

で、ネットの情報を

信じきる必要はないということ。

 

本気になれる会社を見つけたいですね。

 

 

最後まで読んでくれて

ありがとうございました!

 

Twitterもやってるので

よかったらフォローお願いします!

twitter.com