はむ流のファッションブログ

その時々で思ったことを書く雑記ブログです。おススメのお店や本なども紹介しています。

あなただけの一冊に出会えるための法則

どうも、はむです。

 

僕が書いた記事のなかで

hamu-official.hatenablog.com

 

といったのがあるのですが、

このなかのPoint②

 

”読みたいと思えるもの、これなら読めそうと
思えるものを読む”

 

ということをお話しました。

 

そこでどうすればそんな本を

見つけることができるかというお話です。

 

f:id:hamu_official:20170410005222j:plain

 

これはいたってシンプル。

 

・あなたが直感で読みたいと思ったもの

 

・表紙やタイトルで惹かれたもの

 

・帯や裏表紙の文章を読んで面白そうと思ったもの

 

この3点です。

 

 

あなたが直感で読みたいと思ったもの

僕が最初に手に取ったのが

夜のピクニック」という本です。

 

f:id:hamu_official:20170410004630j:plain

 

これは本屋で本棚を見てる時に

ただの直感で「うわ、なにこれ」となったのがきっかけ。

 

そこから、裏表紙の文章を読んだりして

買うことを決意。

 

結果、読んでみるとすごく面白かった。

 

直感というのは本当にすごいですよ(笑)

 

(ある意味恐ろしい)

 

 

表紙やタイトルで惹かれたもの

また、表紙やタイトルも直感に近い部分はありますが

 

やはりタイトルや表紙はすごく大事だと思います。

 

それらは本を見る時に

一番に目にするところ。

 

なのでそこが自分にとってあんまりだと

買っても読む気が失せてしまうかもしれません。

 

なので僕は大事にしています。

 

ちなみに、本当に大事にしてるので

今でも買った本の表紙を眺めて

 

「やっぱいいな~、また読もう」

 

なんて思えるんですよね。

 

それくらい表紙が好きなんです。

 

言い換えればそれだけ表紙やタイトルを

大事にしてるってこと。

 

 

帯や裏表紙の文章を読んで面白そうと思ったもの

 表紙やタイトルを見て、興味が湧いたら

次は帯や裏表紙の文章を読むことをおススメします。

 

それで「やっぱ違うかな」と気づくこともできるし、

 

より「読んでみたい!」と思えるから。

 

どっちにしろ読んだ方がいいかなと思いますね。

 

ちなみに、本屋の店員さんが書いた

感想やコメントがある本も

いい本ばかりなので最初は参考にしてみても

良いと思います。

 

 

最後に

これらの点から僕はいつも本を

選んでるので参考にしていただければと思います。

 

これであなただけの一冊に出会える。

 

僕もこれでたくさんの出会いをしてきたので。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では!!

 

TwitterFacebookもやってるので

ぜひフォローしてください!

twitter.com

 

Facebook↓↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008139010966